薄毛ケアの第一歩。頭皮のセルフチェック6つの項目

頭皮チェックイメージ

なんだか最近、うっすらと髪が薄くなってきたかも?そんな時には、まず頭皮の健康状態が正常かどうかをチェックしてみましょう。

頭皮の状態が悪くなってしまうと、薄毛になる危険性もアップしてしまいます。この記事では、自分で出来る頭皮のセルフチェックの方法を説明しています。ぜひ、項目別にチェックしてみてください。

1.頭皮の血液循環は?

髪の毛の育成には、頭皮の血液の循環を良くすることが大事です。

鏡で見える範囲(生え際やつむじの部分など)を指で数秒間強く押します。押した指を離したあとに、頭皮がすぐに赤っぽくなるようであれば、頭皮の血液の循環は良好といえます。頭皮が赤みを帯びず、白っぽい状態がしばらく続くようであれば、頭皮の血行が悪化している可能性があります。

2.頭皮の色は何色?

健康な人の頭皮は白い色をしています。紫外線の強い時期などは、褐色に焼けてします場合もありますが、健康な頭皮というのは新陳代謝が活発に行われており、すぐに白い色に戻ります。

焼けてしまい褐色になった頭皮が中々、白色に戻らない場合は代謝が衰え、頭皮トラブルが起こりやすくなっている状態ですので注意してください。

3.かゆみや炎症はないか?

皮脂などの異常分泌や、シャンプーやトリートメントの洗い残しなどが毛穴に詰まると頭皮にかゆみが起こりやすくなります。

特に皮脂の異常分泌による炎症は、「脂漏性皮膚炎」と呼ばれ脱毛の原因になりますので、頭皮が赤く炎症を起こしている部分が無いかよく見ておきましょう。

炎症が見られたら軽くみないで、皮膚科を受診しておいた方が安心です。

4.頭皮につっぱった部分や硬い部分は無いか?

親指を支えにして、残りの人さし指から小指までの4本の指を使って頭皮を円を描くように動かしてみてください。

一部分のみではなく、生え際、頭頂部、側頭部など色々な部分をチェックしていきます。

この際に頭皮に弾力が感じられ、頭皮がスムーズに動くようであれば大丈夫です。

逆に、頭皮がつっぱっていたり、硬い部分がある場合は要注意!頭皮の血液の流れがストップしている可能性があります。

その場合は、頭皮マッサージをこまめに行って血行をよくすることを心掛けましょう。

5.フケが多くなっていないか?

頭皮も皮膚です。なので、通常の皮膚のターンオーバーの過程で新陳代謝により頭皮の角質が剥がれ落ち、フケになることは自然です。

しかし、フケの異常発生は皮脂の分泌が異常だったり、皮膚が乾燥しすぎだったりと頭皮トラブルのサインですので、注意して見ておきましょう。

6.できることなら毛穴もチェック

できることなら毛穴の状態もチェックしておきたいところです。

毛穴は自分自身では中々チェックしずらいので、家族の誰かに頼めるのであれば見てもらいましょう。定期的にチェックをするのであれば、簡易型のマイクロスコープなどが通販で5,000円前後で販売されていますので、購入してみてもよいかもしれません。

頭皮のみでなくお肌の状態もチェック出来ます。

チェックしてみて、毛穴に皮脂が溜まってベトベトしていたり、逆に乾燥してカサカサしていたりすると要注意です。

定期的にチェックする習慣をつけましょう

上記の6項目を定期的にチェックする習慣をつけるようにしましょう。頭皮の状態が良ければ安心できますし、頭皮の状態は良さそうなのに抜け毛が多いなどの場合は、その他の疾患などが原因の場合があります。

その他にも、今使っているシャンプーが自分に合ってないというケースも多いので、使用しているシャンプーを変えてみるのも抜け毛を減らす対策になる場合もあります。

その際には、石油系などの刺激の強いシャンプーは避け、オーガニックシャンプーなど天然の素材に近いシャンプーを選んでおくと安心です。

頭皮に優しいオーガニックシャンプーのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る