一日に抜け毛は何本までなら大丈夫?ヘアサイクルの仕組みについて

最近、抜け毛が増えてきた?一日に100本くらいは抜けてるかも?と不安に思ってはいませんか?この記事では、ヘアサイクルからみる抜け毛の本数についてご説明しています。

まずは知っておきたいヘアサイクルの仕組み

髪の毛の本数というものは、その人が生まれた時から決まっています。また、髪の毛はおおよそ2年~6年の周期で生え変わります。このことをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。

ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」と分かれており、これらの周期を繰り返します。人間は一生のうち約15回ほどヘアサイクルを繰り返すと言われています。

成長期

成長期とは毛穴の奥にある毛母細胞が、毛細細胞から取り入れた栄養をもとに、盛んに細胞分裂を繰り返している時期です。髪の毛が成長している状態で、この状態の時には1日に0.3㎜から0.4㎜ほど髪の毛は伸びていきます。成長期の髪は正常な状態であれば、頭皮全体の約90%ほどを占めています。

退行期

退行期に入ると毛母細胞の分裂は急激に衰えます。退行期は約2~3週間ほど続き、この時期に髪の成長は完全にストップします。退行期の髪が頭皮全体を占める割合は1%ほどです。

休止期

毛母細胞は完全に細胞分裂をやめ、生えていた髪の毛は毛母細胞を離れ抜け落ちていく準備に入ります。この期間は約3ヶ月ほど続き、休止期の髪の毛は抜けていきます。古い髪が抜け落ちた後には再び成長期に入ります。休止期の髪は頭皮全体の10%ほどです。

上記のヘアサイクルからみると、仮に髪の毛が10万本あるとして、そのうちの約10%にあたる1万本の髪の毛は3ヶ月ほどで抜けてしまう計算になります。3ヶ月で1万本という抜け毛の本数から考えると、一日に100本ほどの抜け毛は自然なことであり、そこまで深刻に考える必要は無いという結論になります。

注目すべき点は抜け毛の本数よりも抜け毛の状態

ここで注目して欲しい点は抜け毛の本数よりも、抜け毛の状態です。

関連ページ:女性の異常な抜け毛に注意!毛根の状態から危険な抜け毛をチェック!

従来の髪の毛よりも細く痩せていたり、まだ髪が伸びきっていない短い髪の毛が抜けてきてはいませんか?

抜け落ちた髪が細いと感じる場合は、何らかのトラブルにより毛母細胞の働きが衰えている可能性が考えられます。短い髪の毛が抜けているのは、髪が十分に成長しきれていないまま抜け落ちてきている可能性や、過度のブラッシングなどが原因の場合もあります。

いずれにせよ、抜け毛の状態に異変を感じる場合は、将来的に成長期の髪の割合を減らしてしまい、全体的に髪が薄く見えてしまう危険性があります。女性の薄毛の約50%を占めている「男性型脱毛症」の予兆の可能性もあります。

抜け毛の細さが気になってきたら、真剣に薄毛の予防ということを考えてみる良い機会なのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る