女性の薄毛治療にミノキシジルは効果的?

ミノキシジルは厚生労働省が唯一、発毛の効果があると認めた成分です。果たしてミノキシジルは女性の薄毛治療にも効果があるのでしょうか?

この記事では、ミノキシジルの薄毛治療への効果や副作用についてご説明していきます。

ミノキシジルについて

ミノキシジルは血管拡張作用がある薬物で、本来は高血圧の患者さんの降圧剤として開発されました。後にミノキシジルの副作用として多毛が確認され、発毛の外用薬として用いられるようになりました。

発毛というプロセスを実質的に促しているのは、毛乳頭細胞という細胞です。ミノキシジルは、この毛乳頭細胞に働きかけ、アデノシンという物質を分泌させます。アデノシンはヒトの頭皮などに存在する生体内成分で、DNAを構成する成分として発毛や血行促進の効果があると言われている成分です。

ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、発毛成分の分泌を促すという点から薄毛治療に使用されています。

ミノキシジルは女性にも使える?

ミノキシジルは、女性の薄毛治療にも使用されています。外用薬として使用する際は、直接頭皮に塗り込みます。その他に、ミノキシジルが含まれた内服薬を服用する場合があります。

ミノキシジルが主成分となったタブレットは、医療用医薬品扱いになるため、医師の診察後に処方してもらわないといけません。一方、外用薬は一般医薬品扱いとなり、薬局などで市販されているものもあります。

ミノキシジルはFAGA(女性男性型脱毛症)に効果あり?

ミノキシジルはFAGA(女性男性型脱毛症)に効果があるという検証結果があります。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、加齢や閉経時期の女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れが原因で起こる脱毛症で、薄毛や抜け毛に悩む女性の半数はFAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。

薄毛の原因が男性ホルモンの影響ではない場合(ストレス、生活習慣の乱れ、過度なダイエットなど)は、ミノキシジルの効果は期待できません。

なので、ミノキシジルの服用を考える場合は薄毛の原因となっている要素を把握しておく事が重要なのですが、現実的には直接の要因を特定することは難しいため、頭皮環境や生活環境の改善をしていきながらトータル的に育毛をしていくようになります。

また、FAGAは女性ホルモンの減少が大きく影響しているため、女性ホルモンの分泌を促すことも大事になってきます。

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは、濃度の濃いものほど発毛の効果が期待できます。ただ、髪の毛以外の体毛(ひげ、すね毛など)も増加しますので、その点は注意が必要です。体毛の増加のデメリットを考え、男性用にはミノキシジル5%ほどの高濃度な製剤を使用しますが、女性用は1%濃度のものを主に使用します。

また、血管拡張作用があるため心臓疾患、高血圧、低血圧の症状がある方は医師に相談してから使用するようにしましょう。

使用しだしてから1~2ヶ月ほど抜け毛が目立つ症状が出る場合がありますが、これは初期脱毛と呼ばれるもので、休止期だった毛髪が、成長してきた毛に押し出されて抜けてしまう現象であり、副作用ではありません。

ミノキシジルの治療はどれくらい続けたらいいの?

ミノキシジルの治療の効果が出始めるまでは、半年はかかると言われています。発毛は、一度毛が抜けてから再度生えてくるのを待たないといけませんので、やはり一定の期間はかかってしまいます。

治療を開始してから約1年から1年半でピークを迎えますので、その時期に自分の意志で治療を継続するかストップするかを決めます。

治療をやめた場合でも、治療開始前の状態にいきなり戻ることはありませんが、生活習慣やストレスなどでまた薄毛が進行する場合があります。治療後は、頭皮や髪のケアをしながら規則的な生活を送り、現状維持を心掛ける事が重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る