40代白髪が目立ってきた!?その原因はメラノサイトかも?

40代になり、何か白髪が目立ってきてしまって・・・と感じてはいませんか?

白髪が出てくる原因はストレス、食生活なども関係してきますが、一番の原因は加齢なんですね。白髪は老化現象のひとつです。

髪の毛の黒い色はメラノサイトがつくるメラニン色素

そもそも髪の毛というのは、元々は白い色をしています。頭皮の毛穴の奥には、毛母細胞と呼ばれる細胞があり、その中のメラノサイトという細胞がメラニン色素をつくっています。そのメラニン色素が髪の毛に沈着して黒髪となるのです。

白髪というのは、メラノサイトでメラニン色素が十分に作られず、色素沈着が起きないまま髪の毛が生えてきてしまうことが原因で起こります。

ならばメラニン色素を増やせば?と考えてしまいますが、メラニン色素は食べ物などから摂取することが出来ない為、白髪の治療はとても困難なのです。

なので、抜本的な対策はメラニン色素不足を起こしている点を解消してあげる事が重要になります。

メラニン色素が作られなくなる原因

  • メラニン色素を作るメラノサイトの減少や活性化不足
  • メラニン色素を形成するチロシン(アミノ酸の一種)の不足
  • メラニン色素を生成する際に必要なチロシナーゼの活性化不足

白髪というのは老化現象のひとつとされていますが、若白髪のようなケースもあります。なぜこのようなことが起こるかは医学的にもはっきりとした原因は分かっていません。

ただ、上記の様な理由から白髪の予防や対策には、チロシン、チロシナーゼ不足を解消し、メラノサイトの働きを良くすることが最優先されています。

1.チロシン不足を解消する

チロシン不足を解消するには、チロシンを多く含んだ食べ物を意識して摂取するようにしましょう。

チロシンを多く含む食べ物

代表的な食べ物としては乳製品(主にチーズ類)、大豆製品(納豆、豆腐など)が挙げられます。その他にもバナナやアボガドなどにも多く含まれています

チロシンと同時に摂取すると効果的なのが、銅ミネラルです、納豆、豆腐などには銅ミネラルも含まれています。その他には、牛レバー、干しエビ、しゃこ、ほたるいかなども銅ミネラルを多く含んだ食べ物です。

チロシンの吸収を助けるのは、ビタミンB6や葉酸(ビタミンB9)です。ビタミンB6はとうがらし、ニンニクに多く含まれ、葉酸(ビタミンB9)は、レバー、海苔などに多く含まれます。

チロシン摂取のポイント

髪の毛は、だいたい夜10時くらいから午前2時くらいの間の寝ている時間に成長します。チロシンは摂取したあと、約2時間くらいで血中濃度のピークに達します。髪の毛の成長する時間帯に合わせて、チロシンの血中濃度をピークにすると白髪予防には効果的です。

2.メラノサイトを活性化させる

メラノサイトを活性化させるにはビタミンB12を多く摂取しましょう。

ビタミンB12は、しじみやあさりなどの貝類に多く含まれます。その他、焼き海苔などにも多く含まれています。

その他にも、髪の成長に必要な栄養素をサプリメントで摂る方法もあります。

サプリメントに関してはこちらのページで詳しく説明しています。

白髪予防にサプリメントは効果的?サプリを選ぶ際の注意点4点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る