育毛剤と発毛剤の違いとは?含まれている成分にも注目!

薄毛に悩む多くの女性が関心を寄せているのが、やはり育毛剤や発毛剤なのではないでしょうか。「本当に効果があるの?」、「どの商品を選んだらいいの?」など疑問点も多いことでしょう?

この記事では、まずは育毛剤と発毛剤の違い、商品に含まれている成分による効能の違いなどを見ていきます。

発毛剤

発毛剤とは円形脱毛症や何らかのトラブルによって毛髪が生えてこなくなった毛穴に対し、再び毛髪が生えてくるように試みる製品です。

男性型脱毛症などは、毛が生えていないように見えていても、実は産毛のような毛が生えていますので「育毛を試みる」という事になるのですが、円形脱毛症など産毛も生えていない場合は「発毛を試みる」ということになります。

現在、発毛剤に分類されている製品は医薬品扱いとなっており、大正製薬の「リアップ」、MSD(旧万有製薬)から販売されている内服薬の「プロペシア錠」があります。

大正製薬のリアップに含まれるミノキシジル

実は、ミノキシジルは内服薬と塗り薬があるのですが、日本では内服薬は認可されておらず、医療機関にて塗り薬の処方のみとなっています。未承認のミノキシジルの錠剤を個人輸入しているところもあるようですが、副作用のことを考えると、あまりおすすめは出来ません。

日本で認可されている大正製薬の「リアップシリーズ」にはミノキシジルが配合され、「加齢の影響によって起こる壮年型脱毛症に対し、発毛、育毛、脱毛の予防に効果がある」とされています。リアップシリーズの女性用には「リアップジェンヌ」があります。

プロペシア錠(フィナステリド配合)

プロペシア錠にはフィナステリドという成分が配合されています。フィナステリドは元々、前立腺肥大の薬として臨床実験が行われていましたが、その過程の中で男性型脱毛症の人の育毛効果が表れていたため、育毛剤としての研究が始まりました。

細かい発毛作用のメカニズムは専門的になるためここでは省きますが、国内の臨床実験では、フィナステリドを一年間服用した男性型脱毛症の方々の50%超に「改善」が認められています。

発毛剤は副作用に注意

発毛剤のみに限らず、医薬品には副作用はつきものです。「ミノキシジル」は、頭皮のかゆみやアレルギー、「フィナステリド」には、胃の不快感、性欲減少、性機能障害などの副作用が起こる場合もあります。いずれの場合も医師にすみやかに相談し、正しく服用していくことが大事です。

育毛剤

育毛剤とはその名の通り、今生えている頭髪をいかに育てていくかという観点で作られた商品です。頭皮の状態を改善し、「やせて細くなってしまった毛髪を、太くイキイキとした毛髪へと戻していく」、「異常脱毛による脱毛を予防し抜け毛を少なくする」など髪本来の成長サイクルを整えることを目的としています。

異常脱毛についてはこちら>>女性の異常な抜け毛に注意!毛根の状態から危険な抜け毛をチェック!

市販の育毛剤のほとんどは、医薬品と化粧品の中間的な分類の「医薬部外品」に位置し、頭皮の血行を促進する成分、毛母細胞を活性化させる成分などが配合されています。

育毛剤に含まれる成分比較

育毛剤に含まれる成分の頭皮への作用別にまとめてみました。

頭皮の血行を促進する成分

頭皮か硬くなっていたり、頭皮の温度が低いなどの血行不良に。

トウガラシチンキ・センブリエキス・ニンニクエキス・ショウキョウチンキ・塩化カルプロニウム・セファランチン・山椒・ビオチンなど。

毛母細胞を活性化する成分

毛母細胞に働きかけ、新陳代謝を高めます。

塩化カルプロニウム・アデノシン・ペンタデカン酸グリセリド・カミツレ花エキス・アルニカエキス・t-フラバノン・6-ベンジルアデニン・ソフォラ抽出エキス・アルガニアスピノサ芽細胞エキス・D-パンテニルアルコールなど。

男性ホルモンを抑制する成分

男性ホルモンを抑制する成分です。副作用を抑えるため配合量が決められています。

スピロノラクトン・ジエチルスチルベストロール・サイプロテロンアセテート・エチニルエストラジオールなど。

雑菌の繁殖を防ぐ成分

雑菌の繁殖を防ぎ、頭皮を清潔に保ちながらフケを抑える成分です。

ビタミンE・イソプロピルメチルフェノール・サリチル酸・レゾルシンなど。

 過剰な皮脂の分泌を防ぐ成分

塩酸ピリドキシン・レシチン・オドリコ草エキス・グリチルチン酸ジカリウムなど。

育毛剤と発毛剤は薄毛の程度によって使い分けを

育毛剤と発毛剤の違いはご理解いただけましたでしょうか?

ちょっと薄毛や抜け毛が気になりだしたという程度であれば、育毛剤を使いながら頭皮マッサージなどで頭皮の状態を整えてあげながら髪の毛の状態をみていくことをお勧めします。

その際でも育毛サイクルの関係上、育毛効果が感じられるのは数ヶ月~半年後となりますので、焦らずじっくりと育毛に取り組んでいくことが重要です。

また、深刻な薄毛にお悩みの場合であれば、医療機関に相談し、専任の医師のサポートを受けながらの発毛剤の使用を考えてみてはどうでしょうか?お一人でお悩みになるよりも、サポートしてくれる人がいることで精神的にも楽になる場合があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る